トップ > コラム一覧 > 手相の掌線上に重なるほくろがある手相の占いとは?

掌線上に重なるほくろが手相の意味を変化させます。

手相の掌線上に重なるほくろがある手相の占いとは?

  • コラム
  • 占い


手相の掌線上に重なるほくろは、掌線の意味を変える影響が

手のひらには、掌線と呼ばれる様々な手相の線があります。太陽線、頭脳線、結婚線など、掌線の持つ意味はさまざまです。特に重要な意味を持っている掌線は7大線と呼ばれており、大切な意味を持っています。これらの掌線がはっきりしていたり、長かったりすると、その掌線が持つ運勢が良いという事になります。しかし、ほくろが掌線に重なっていると、それらの持つ運勢にマイナスの影響を与えてしまう事があります。

掌線上に重なるほくろは悪い意味だけではない

掌線上に重なるほくろがあった場合、一概に悪い影響があるというわけではありません、大切なのは、ほくろの種類です。ほくろには色の薄くて形の汚いシミのような「死にぼくろ」と色艶がよくぷっくりしている「活きぼくろ」があります。活きぼくろは非常に貴重で、掌線上に重なっていると、手相の持つ意味を引き立ててくれるとされています。たとえば、生命線の上に活きぼくろがあった場合、病気や怪我の影響を受けることなく、健やかに過ごせるという意味になります。

掌線上に重なるほくろは災いを知らせるサイン

掌線上にほくろがある人は、ほくろを悪いものととらえるより、災いを教えてくれる危険のサインと考えるのがいいでしょう。手相と言うのは、常に生き物のように成長するものです。その人の言動や考え方など、生き方によって手相は変化していくのです。そのため掌線上に重なるほくろがあった場合、この先に何か自分の行いが原因となって災いが降りかかるかもしれないと注意したほうがいいでしょう。自分のほくろがどの線の上に重なっているかによって、どんな影響が生まれるかも変わってきます。自分の未来予測を立てるためにも、掌線上に重なるほくろは非常に重要です。

掌線上に重なるほくろは危険から身を守るサインです。

掌線上に重なるほくろのほとんどは、占いではあまり良い意味を持ちません。しかし、それはこれから自分の身に降りかかるトラブルを教えてくれるとも考えられます。自分の持っているほくろの種類と場所から、自分がどう行動すれば危険を避けられるかというポジティブな気持ちを持つ事が何よりも大切なのです。掌線上に重なるほくろは、あなたの身を守る鍵にもなるのです。